COLD FISH “DOVE VA?”



COLD FISH “DOVE VA?”
【Pop / World】

イタリアのグラミー賞ともいえる年に1度の音楽の祭典「マテーラ音楽祭」で、昨年過去最多の6部門を受賞した “COLD FISH” は今やイタリアが誇るポピュラーバンドとなった。4人組のスタンダードなポップバンドで、労働階級の危機感が渦巻いていた70年代〜80年代後半のイタリ アンポップス初期衝動を大いに取り入れたサウンドが年配層に響いているのと同時に、現代のイタリア経済破綻への不安感を払拭するかのような軽快で陶酔できる楽曲群が若者にも受入れられているのである。
「DOVE VA?」は「どこに行く?」という意味だが、「どこに向かって生きていく?」的な意味も含まれており、彼らの切なる想いが耳に残るメロディと相俟ってなんだか切なくなる。フロントマン、ステファノの存在感は本作でも圧倒的に感じられ、今夏から始まるヨーロッパツアーにも期待大だ。

sandman “teuunten mark”



sandman “teuunten mark”
【Rock】

タイのインディーロックが面白い。これは近年、注目してきたこと。フジロックにも劣らない野外フェスがタイ国内で多数開催されていたり、ブルックリンやロ ンドンのインディペンデント系のミュージシャンがこぞってバンコクに移住していたりと、確実に面白いことになっている。そこには古めかしいタイポップスと輸入された欧米のインディーロックが融合して今までに味わったことのないようなサウンドが存在するのだ。
そして sandman という至極のバンドに辿り着いた。バンコクの芸術大学、シラパコーン大学の学生で、彼らが自主的に開いてた学内ライブから国内での人気に火がついた。叙情的なメロディに乗っかるボーカル・テオくんの切なカッコいい声、ドラミングセンスバツグンのチャイくんの前のめりのビート。今やバンコクのトレンドともなっているらしい。タイトル曲の「teuunten mark」は「ドキドキする」という意味で、恋愛に奥手なシャイボーイがこの世の終わりに歌うかのような心震えるラブソングである。

| 1/1PAGES |

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM